抵当権抹消の手続き

 抵当権とは、お金を借りるときに、不動産(土地・建物・マンション)などをその担保にいれる

ことです。 銀行で住宅ローンを組む際には、購入する不動産を必ず担保に提供するため、抵当権の

設定登記をします。

 住宅ローンを完済すると、銀行から「抵当権の抹消登記をするための必要書類」が交付されます。

抵当権を抹消するには、これらの書類を添付して法務局へ抵当権抹消登記の申請をする必要があり

ます。抵当権抹消登記は必ずしも急ぐ必要はありません。ご自身で行うことも可能です。

しかし、長期間経過すると、書類の紛失や相続の発生・銀行の合併等により権利関係が複雑になって

しまう可能性があるため、早めの手続きをおすすめします。

費用

抵当権抹消登記の費用は、実費と司法書士報酬からなります。

実費

①登録免許税…1、000円 × 不動産の個数

登記事項証明書…837円 × 不動産の個数

③郵送料

実費&報酬

  実費 報酬額(税別)

 法務局への

 抵当権抹消登記申請

 登録免許税 

 1,000円 ✕ 不動産の個数

 不動産5個まで 

 10、000円