相続発生後の手続き(不動産の名義変更)

 不動産(土地・建物・マンション)の所有者がお亡くなりになり、相続が発生すると、相続人に所有権が移ります。しかし、役所に死亡届を提出すれば自動的に名義変更されるものではありません。

 この相続登記(不動産の名義変更登記)は、必ずしも急ぐ必要はありません。

ご自身で行うことも可能です。しかし、手続きをしないまま長期間経過すると、

相続人にさらに相続が発生するなどで、権利関係が複雑になる場合があります。

そのため、相続が発生した時は、すみやかに相続登記を行うことをおすすめします。

相続登記の必要書類

・お亡くなりになられた方の出生から死亡までの戸籍謄本(除籍・改製原戸籍)

・お亡くなりになられた方の住民票の除票(本籍地の記載のあるもの)

・相続人全員の現在の戸籍謄本(抄本)

・不動産をもらい受ける相続人の住民票

・不動産の固定資産評価証明書


上記に加えて、

 遺産分割協議による場合は、遺産分割協議書 + 相続人全員の印鑑証明書

 ※ 遺産分割協議とは、「どの不動産を誰がもらい受けるのか、相続人全員で話し合うこと」です。

費用

相続登記(不動産の名義変更登記)の費用は、実費と司法書士報酬からなります。

実費

①登録免許税…不動産の固定資産評価額 × 1000分の4

②戸籍や住民票等の必要書類取得費用…市町村による(下記参照…福岡市の場合)

③登記事項証明書…837円 × 不動産の個数

④郵送料

実費と報酬

  実費 報酬額(税別)

 法務局への

  相続登記申請

 登録免許税

 (固定資産評価額 × 1000分の4)

 不動産5個まで

  50,000円

 戸籍・住民票等の

  必要書類取得

 福岡市の場合

  戸籍謄本       450円

  除籍謄本       750円

  改製原戸籍      750円

  住民票        300円

  固定資産評価証明書  300円

 1通 500円

 遺産分割協議書の

  作成

   相続人5人まで

  3,000円